夏といえば~
(C)2003 GRAVITY Corp & Lee Myoung-jin(DTDS studio), All Rights Reserved. (C)2003 GungHo Online Entertainment., Inc All Rights Reserved.

注文ミス・・・?

FX20090212a
今日は19:00 ヨーロッパ鉱工業生産の指標狙いで入る
指標発表の約2分前に値段が20銭程度下がって、
予期せぬ形で
127.46 GBP/JPY 売りで入ってしまう。
このまま下がるのか、ドキドキし30秒くらいが物凄く長く感じる。
19:00 127.44 で約定
+2pips

動きが鈍く感じたのと、予期せぬ形だったため
負けた時が悔やまれるため、即売り。
この直後 127.23 まで下がる。
これはこれで悔やまれるけど仕方なし。

19:25 ようやくシグナル点灯 126.70 売りで入るが
下げトレンドを抜けた感があった。
見守ること数分 +30pipsまで下がるが、結局
19:33 127.59で約定。
+1pips

やっぱりトレンドを抜けていた
また、夢が夢で終わる瞬間だった。
ただ、プラスで終われているのが、救い。

飯食って、友達と散歩に出かける。
「出かけるときはポジションは取らない」
これを基本スタンスでいこうと思う。

FX20090212B

22:30 アメリカ失業保険継続受給者数を狙ってみる
が。。。。。ここで事件が起きる。
ばっちり注文を入れたはずがミスったのか・・・・?;;

急激な上がりの波の中で
22:30:10 128.24 買い
22:30:16 128.10 売り
-14pips

奇跡は起きる。
買い注文がずれて発注されて、
売り注文がきちんと約定される。
本当は 128.00 で買う予定だった。

少し、ムキになる。
一気に40銭駆け上り
ボリンジャーバンド上抜け。
上がりがキツそうだったので
遅れながらも買いに走る
22:33 128.42 買い
22:34 128.59 約定
+17pips

すごい勢いで値を戻してきてボリンジャーバンドを下回る
今度は下げで入るか~と調子に乗る。

22:35:25 128.39 売り
根拠が無いため少し冷静さを取り戻し不安になる。
22:35:53 128.37
+2pips

プラスで抜けれてホント良かった。

すぐに振れ幅に血が上る
根拠無しのポジション取りをしてしまう。
22:36 128.27 買い
22:39 128.28 約定
+1pips

間-12pipsなどあり。
完全に冷静さを取り戻す。

22:42 128.44 ボリンジャーバンドを助走をつけるように上抜けたので買い
22:46 128.55 約定
+11pips

+30pipsくらいまで上がったがそこで約定することができず。
利益を伸ばすのが下手かも。
ただ負けないことを意識するのは勝ちへの一歩目と思う今日この頃です。

23:44 115.15EUR/JPY 売りトレンドが出そうな感じのユーロを発見
23:52 115.14 買い
+1pips
これは明日を楽しみに下げの予想。

今日の戦績
+21pips
スポンサーサイト
【2009/02/13 00:03】 FX | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

うちわ
  • Author:うちわ
  • 年齢:35才 ♂
    出身地:三重県

    一児のおとうちゃんになりました。
    6歳男の子ですb
    焼きレバーが嫌いだなんて言ってられないですね。
    ブログは、気が向いた時、更新です><

    子供、ゲーム、資格、など雑記です。
  • RSS
  • 06 | 2018/07 | 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • うちわ(03/06)
  • ヴァン(02/21)
  • うちわ(07/25)
  • Saku(07/24)
  • うちわ(07/08)
  • Saku(07/08)
  • うちわ(01/07)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (1)
  • 2018年04月 (1)
  • 2018年02月 (2)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年08月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (2)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (3)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (22)
  • 2015年06月 (7)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (13)
  • 2015年01月 (11)
  • 2014年12月 (11)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (2)
  • 2014年07月 (2)
  • 2014年06月 (3)
  • 2014年05月 (5)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (4)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (7)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (8)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (8)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年05月 (5)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (8)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (5)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (12)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (9)
  • 2006年01月 (13)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (10)
  • 2005年07月 (11)
  • 2005年06月 (14)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH