ねずみくんとおてがみ

ねずみくんとおてがみ (ねずみくんの絵本 21)ねずみくんとおてがみ (ねずみくんの絵本 21)
(2004/10/01)
なかえ よしを

商品詳細を見る


前回から借り出しました。
ねずみくんシリーズの2冊目です。(うちの子供が読んだ2冊目で2作目ではないです。)

ねみちゃん(ねずみの女の子)が複数の友達に手紙を出します。
届いた手紙を見てねずみくん勘違い。
皆も何が書いてあるのかさっぱり・・・。
全部合わせて読むとちゃんとした文章になります。
ほっと一安心。

で、物語半分くらいです。


うちの子は楽しそうに聞いてます。
最近、文字にも興味あるみたいなので
「何て書いてあるの?」って
聞いてきたりもします。

個人的には、もう少し大きい子向けかな?
と思います。


後、物語のオチがちょっとな・・・って感じがします。

子供は、楽しそうですw

3歳10ヶ月男の子
スポンサーサイト

まっくらまっくら

まっくらまっくらまっくらまっくら
(2006/07)
いちかわ けいこ

商品詳細を見る


猫が主人公の物語です。
まっくらな箱の中には?何がある?
まっくらな部屋の中には?何がある?
お話は短いんで3分くらいで読み終えるかと思います。

子供に「箱の中に何がある?」って
聞くと「りんご」と答えましたb
ねずみが台所が出てくるシーンでも
「何がある?」と聞くと
「解らない・・・」と言ってました。

今の台所はねずみには会わないかもですね。
話は子供の好きな繰り返し要素があり、物語性もあり楽しかったです。

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時間)
(2006/01)
宮西 達也

商品詳細を見る


内容は、臆病者のティラノサウルスがその容姿だけで
皆から嫌われている状態からスタートします。
そんな状況を空からず~っと見ていた
プテラノドンが友達になってあげるよ~と、友達が出来ます。

ある日、プテラノドンが他の恐竜に襲われてしまい
それをティラノサウルスが勇気を出して助けるという物語です。


この恐竜のシリーズは大好きで
図書館でいっつも借りています。
そろそろ一周しそうです。

3歳9ヶ月 男の子

ねずみくんのチョッキ

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)
(1974/08/01)
なかえ よしを

商品詳細を見る


内容は、ねずみくんがお気に入りのチョッキを
知り合いの他の動物に「貸して」と言われて、貸してあげる。

借りた動物が他の動物に「貸して」と言われて、また貸ししちゃう。

それを繰り返して少しずつチョッキが大きくなっていき
最後は像のサイズまで・・・w
ってお話です。

読み終わった後に子供に
「ひろきくん、イイパジャマ着てるね!」
「お父さんにちょっと貸してよ!」と言うと
「大きくなっちゃうからダメ~」と笑ってましたb


昔からあるんで小さい頃に読んだ人も多いんじゃないでしょうか。
俺も子供の頃に読んだことがあったので懐かしかったです。



先週は図書館が書籍整理中だったため
本を借りることが出来ませんでした。

借りてきた本についていっぺんに書こうとすると時間もかかるし
続かないので子供が面白がった絵本だけ一冊ずつ載せることにします。

3歳7ヶ月part1

図書館で借りて子供♂に読んだ本です。
寝る前に一冊、時間があれば二冊読む感じです。


★ウケが良かった本★
であえてほんとうによかった (絵本の時間)であえてほんとうによかった (絵本の時間)
(2009/11/19)
宮西達也

商品詳細を見る

■読むのにかかる時間 10分

悪いティラノサウルスが他の恐竜との出会いを通して
暖かい心を感じていくという物語です。
息子は、恐竜が好きなこともあり、気に入りました。

ティラノサウルスが名前を聞かれ「無いんだ」と答えると
「ナインおじさんって言うんだ。」と勘違いされるシーンで
ゲラゲラ笑ってましたw



おやすみブルートレイン (フレーベル館の秀作絵本)おやすみブルートレイン (フレーベル館の秀作絵本)
(2008/04)
松澤 睦実

商品詳細を見る

■読むのにかかる時間 7分

夜寝るころになるとブルートレインがやってきて
夢の世界でどこへでも連れてくれるという物語です。
息子は、電車が好きなこともあり、気に入りました。

「ブルートレインはどこから来るの?」って質問して
興味深々でした。



こぶとり (松谷みよ子むかしむかし)こぶとり (松谷みよ子むかしむかし)
(2006/12)
松谷 みよ子

商品詳細を見る

■読むのにかかる時間 10分

おじぃさんが天狗の住処に迷い込み宴を盛り上げると
こぶを取ってもらえました。それを知った隣のじぃさんが
自分も取って欲しいと天狗の住処に行くのですが失敗して
こぶが増えてしまうという物語です。

読み終えたときに
「ひとこぶおじぃさんが、ふたこぶおじぃさんになったね。」
と言うとゲラゲラ笑ってましたw


★普通だった本★
もうねむたくてねむたくてもうねむたくてねむたくて
(2007/11)
森山 京

商品詳細を見る

■読むのにかかる時間 7分

お昼寝しようねと言われた子供(猫)が
嫌がって、寝床から抜け出して外に遊びに行ってしまう。
色んな動物に出会って、遊びに誘うんだけど
「眠いからゴメン><。」断られてしまう。
最後は自分も眠くなってくるという物語です。

道を行く。動物に出会う。誘う。断られる。
寝床に自分の家を勧める。の繰り返しが
子供に心地よさを感じさせる作品だと思いました。
1回昼寝前に読みました。



セイウチぼうや (こどもえほんランド)セイウチぼうや (こどもえほんランド)
(2014/02/07)
あべ 弘士

商品詳細を見る

■読むのにかかる時間 5分

セイウチの子供がおかぁさんの昼寝しているところにきて
話かけるも寝ぼけているお母さんに空返事ばっかりされる。
お母さんの横で一緒に寝るもお母さんに海に落ちてしまう。
そこで起きたお母さんが「仕方ない子ね」という物語です。

物語は笑えるんですが
息子はセイウチの子とお母さんの区別がつかなったみたいです。



くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)
(2001/10/01)
なかや みわ

商品詳細を見る

■読むのにかかる時間 7分

色クレヨン達が協力して一つの絵を描いていく。
黒クレヨンも参加したけど、「間に合ってるから」と
仲間に入れてもらえない。
そのうち色クレヨンが喧嘩を始めたところに
黒クレヨンが活躍するという物語です。

「上手だね~」と言って普通に楽しんでました。



むしたちのおんがくかい (絵本・こどものひろば)むしたちのおんがくかい (絵本・こどものひろば)
(2003/09)
得田 之久

商品詳細を見る

■読むのにかかる時間 8分

嫁さんが読み聞かせていたので、内容は不明><。
横から見ている感じだと大人しく話しを聞いている印象でした。



★ウケなかった本★
スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなしスイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし
(1969/04/01)
レオ・レオニ

商品詳細を見る

■読むのにかかる時間 10分

自分達の天敵になる大きな魚から身を守るため
たくさんの赤い魚と一匹の黒い魚が協力して
より大きな魚を形作り、海の中を自由に泳ぐことが
出来るという物語です。

絵がぼや~っとした感じで
魚と認識出来なかったようです。
また、天敵がいて普通に泳ぐと食べられるという
世界観が理解出来なかったようでした。



100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
(1977/10/19)
佐野 洋子

商品詳細を見る


何回も生き返る猫が何回も色々な人生を送ります。
その中でたった一回の人生に幸せを感じるという物語。

個人的には、今回一番のオススメだったんですが
息子には難しかったです・・・。



★読まなかった本★
ちょっとまって (日本傑作絵本シリーズ)ちょっとまって (日本傑作絵本シリーズ)
(1998/05/20)
岸田 今日子

商品詳細を見る
プロフィール

うちわ

  • Author:うちわ
  • 年齢:35才 ♂
    出身地:三重県

    一児のおとうちゃんになりました。
    6歳男の子ですb
    焼きレバーが嫌いだなんて言ってられないですね。
    ブログは、気が向いた時、更新です><

    子供、ゲーム、資格、など雑記です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク